【Web3】SINSO(シンソ)とは?前澤友作氏が投資する注目仮想通貨を徹底解説!

仮想通貨
スポンサーリンク

何かと耳にするWeb3.0ですが、ZOZOの前澤友作さんが出資するMZ Web3ファンドが立ち上げたプロジェクトが注目を集めています。それこそが、

SINSO(シンソ)」です。

前澤氏と言えばZOZOや宇宙旅行で誰もがしっている実業家です。その前澤氏はすでにWeb3.0の将来性を見据えて巨額の投資をしています。以前紹介した「Openblox」では出資額がなんと100億円という桁違いの出資をしています。

今回も、同様に投資評価額が1.5億ドルで「SINSO」プロジェクトに投資するとしており、日本だけでなく世界的に注目を集めています。

今回は、「SINSO」がどのようなプロジェクトなのか?注目・期待されている点はなんなのか?投資方法まで初心者にもわかりやすく解説していきます。

☆この記事でわかる事☆
  • SINSOの概要
  • SINSOの魅力
  • SINSOの投資方法

SINSO公式サイトはコチラ↓

sinso-official-website
コインチェック

SINSOとは?

https://www.sinso.io/

SINSOプロジェクトは一言でいうと「Web3.0データストラテジープロジェクト」です。データストラテジーとは、AIを使って大量のデータをクラウド上で管理するシステムです。

現在のWeb2.0のデータストラテジーといえば「Google Drive」「Dropbox」「OneDrive」などですが、そのWeb3.0版のデータストラテジーを整えようとしているのが「SINSO」なのです。

具体的なプロジェクトとしてはいくつがあり代表として挙げられるんがSINSO GetwaySINSO DataⅬandがあります。

SINSOの特徴
  • Web3.0のデータストラテジーを提供
  • 前澤氏が出資するプロジェクト
  • 「Getway」「DataLand」などがある

SINSO Getway

SINSO Getway は、企業やプロジェクト向けのデータストラテジーツールです。高効率で利便性が高く、低コストで分散型のデータストラテジーが可能となっています。Gamefi、NFT、VR/AR、ファイルストレージなどで求められる幅広いシーンに対応できるように構築されています。

価値の高いデータを Filecoin に保存してデータ資産に変換し、SINSO 報酬を獲得できるとしています。また、ステーキングによりすぐに使用できるストレージリソースを取得でき、ガス料金の消費はありません。

SINSO DataⅬand

SINSO DataⅬand は、個人向けのデータストラテジーツールです。自身のウォレットを接続すれば暗号資産やNFTなどが管理でき、データをNFT化することもできます。

SINSO DAC

SINSOコミュニティの自律性のための技術フレームワーク。誰でも参加でき貢献できる公正な価値のあるシステムの構築。

SINSOの魅力

ZOZO前澤さんが出資

ZOZOの前澤友作さんといえば、日本有数の大富豪で起業家であり、宇宙へ行ったり、お金をバラまいたりとやることが規格外です。その一挙手一投足が注目されいていますが、今回の出資も例外なく注目されています。前澤さん以前からWEB3.0やメタバース、NFTに投資を行っており、今回もその期待値の高さから巨額の投資金が動いています。前澤さんが怪しいプロジェクトに出資するとは考えられません。すなわち、前澤さんが期待と安心して出資できるプロジェクトということは間違いないようです。

Web3.0時代の到来

2021年から始まったWeb3.0ですが、徐々に普及し始めてました。市場調査会社のグランドビューリサーチ報告によると、2030年までに世界のWeb3.0ブロックチェーン市場の規模は335億3千万ドル(約4兆6740億円)に上り、2022-30年の年間複合成長率は44.9%の急加速的な拡大をすると予想されています。

そうすると必然的に、Web3.0でのビックデータの管理が必要となることも容易に予想できるのです。ビックデータは企業だけでなく個人でも扱われ非常に安全性を期さなければなりません。それを分散型の強固なセキュリティで保守してくれるのは非常に安心です。SINSOが多くの企業からWeb3.0のデータストラテジーの先駆けとして非常に期待されている理由が分かります。

多数のパートナー

https://www.sinso.io/

パートナーは前澤さんが出資している「MZ Web3 fund」だけでなく、多数の出資を受けており、仮想通貨にかかわる企業以外にも多くの出資があることがわかります。それだけ期待値と将来性の高いことが伺えます。

また、企業向けのSINSO Getwayには既に30ものクライアント(顧客)がついておりプロジェクトとしても好発進といえるでしょう。

SINSOへの投資方法

個人でプロジェクトに参加し投資するためには、トークンマイニングやステーキングする事で収益できます。

またアンバサダーやSonior(SINSO DACに参加する人)になれば、指定されたタスクをこなして報酬を獲得することができます。

トークンについて

SINSOではSINSOが使用されますが、2023年1月現在は上場していません。予定では2023年の第4四半期中とのことです。詳細確認できましたら追記します。

SINSO の購入換金の準備
  1. コインチェックで口座開設
  2. Bybitで口座開設
  3. メタマスクをつくる

今後、「SINSO」は暴騰する可能性を秘めています。プロジェクト参加の事前準備として、国内仮想通貨取引所で仮想通貨を用意しておきましょう。

コインチェック

海外仮想通貨取引所Bybitがお勧めです!

  • 日本語対応でわかりやすい!
  • アプリが使いやすい!
  • 通貨が豊富!

初めての海外仮想通貨取引所はBybitで間違いなしです!登録してみてください↓↓↓

この記事の執筆人

仮想通貨、NFTゲームで楽しむ情報発信中🌟初心者でもわかりやすく楽しみ方を伝授します❕7年前に始めた仮想通貨で資産倍に成功❕仮想通貨、NFTゲームの面白さを知りたい人、共有できる人募集!
普段はPTとして病院という社畜で奮闘中🌟

オガっぺをフォローする
仮想通貨仮想通貨
スポンサーリンク
オガっぺをフォローする
NFTゲーム大学

コメント

タイトルとURLをコピーしました