PR

【NFT】Courtyardとは?ポケモンカードをNFTで管理・取引できる!

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
仮想通貨
スポンサーリンク

ポケモンカードをNFTで管理できることをご存じでしょうか?

実際にあるものをNFT化し管理できるシステムこそ、、、

Courtyardです。

Courtyard は、ポケモンカードだけでなく、野球やサッカーなどのスポーツカード、スニーカーまでもNFTとして管理できてしまいます。

Courtyardが、なぜ注目され、期待されているのかを初心者にもわかりやすく解説していきます。

この記事でわかる事!
  • Courtyardの概要
  • Courtyardの魅力
  • Courtyardの将来性

Courtyard公式サイトはコチラ↓

https://courtyard.io/
コインチェック

Courtyard とは?

https://courtyard.io/

Courtyard は、一言でいうと現物の価値ある資産をNFT化し管理できるプラットフォーム」です。

開発はニューヨークに拠点があるCourtyard株式会社(Courtyard Inc.)で、「OpenSea」や「Ventures」「Brink’s」など複数の大手投資家が参加しており、すでの$7Mを調達しているビックプロジェクトです。

ユーザーは、本物のコレクターズアイテムを提携しているBrink’sに保管してもらいます。保管中は認証、保険がかけられるため安心して管理してもらえるシステムです。

プロジェクトは既に稼働しており、サイトをみればポケモンカードや野球カード、サッカーやラグビーカード、スニーカーやマーベルカードなんかも観ることができます。マーベルや野球はアメリカらしく人気のあるカードですね。将来的には高級車や美術品なども管理できるようにしていくようです。

また、NFT化された商品が取引されれば販売の1%を受け取ることができるようになっています。

Courtyard の概要
  • 現物コレクションをNFT管理できる
  • Brink’sで安全管理
  • ポケモンやスポーツカードなどジャンルは多岐
  • 販売の1%を収益化できる

使い方

https://courtyard.io/asset/
  1. コレクションの発送:ユーザーはBrink’sへコレクションを発送します。Brink’sは銀行レベルの安全管理されるだけでなく、発送手数料も無料となっています。
  2. コレクションをNFT化:ユーザーの資産を認証した後、コネクテッド・コレクティブル(NFTの一種)を作成してお客様のウォレットに送付し、現物の資産をNFT化してくれます。
  3. 収入を得るための取引:価格を設定し、入札を行うか、HODLを行います。ユーザーはNFT化されたコレクションの完全な所有権を持ち、ブロックチェーン上で取引可能です。最初の販売後、NFTがマーケットプレイスで販売されるたびに、現物のコレクションが他のコレクターによって償還されるまで、販売の1%を受け取ることができます。
  4. コレクターズアイテムを交換する:NFTは常に現物のコレクターズアイテムと交換可能です。また、ユーザーが所有者かつユーザーが出品したNFTを売却しない場合、いつでも引き出し手数料を支払うことなく、便物のアイテムと交換することができます。
オススメ取引所情報!

国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックをオススメします!

\1円からでもスタートできちゃう/

Courtyard の魅力

次世代のコレクション管理

コレクターは世界的に多く、それはゲームカードやプラモデル、スニーカーや時計、靴など多岐にわたります。しかし、コレクターの一番の悩みが管理方法と場所です。物理的に場所をとるものであればスペースが必要ですし、貴重な物であれば厳重な保管環境が必要となってきます。

そんな物理的な問題をNFTによって解決し安全に管理できるという活気的さが非常に魅力的で将来性があると言えるでしょう。

世界的人気のポケモンカード

ポケモンカードといえば日本のみならず世界的な人気のあるカードであることはだれもが知っていることでしょう。希少なポケモンカードであれば3000万円以上の価値がでるほどの人気です。一般人でも数十万~数百万のレアなカードを手に入れるチャンスがあるためポケモンカード人気は衰えることがありません。

そんなポケモンカードも取り扱っており、公式サイトには様々なポケモンカードが売買されています。希少なポケモンカードを保有しているならNFT化して安全に管理し収益を得ることも可能でしょう!

個人でも稼げる可能性

もし、希少なコレクションをお持ちの方ならNFT化して収益化することが可能となります。日本人ならポケモンカードでレアなカードをゲットできる可能性もあれば、すでにお持ちの人もいるのではないでしょうか?

安全な場所で管理し、コレクションはNFTとしていつでもスマホでみることができて、なおかつ収益化できるとなれば管理してもらう以外手はないでしょう!

取引準備

Courtyard では、Polygon(MATIC)」にて取引可能となっているため取引のためには保有が必要です。Polygon(MATIC)の保有方法はは下記の通りです。

Polygon(MATIC)購入方法
  1. コインチェックを開設
  2. コインチェック日本円を入金
  3. Polygon(MATIC)購入

GameFi、NFTゲームを行う場合は必ず仮想通貨の購入が必要です。そしてまずは国内仮想通貨取引所での購入が必須となります。

国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックの登録は下記のリンクから↓↓

コインチェック

 

海外仮想通貨取引所Bybitがお勧めです!

  • 日本語対応でわかりやすい!
  • アプリが使いやすい!
  • 通貨が豊富!

初めての海外仮想通貨取引所はBybitで間違いなしです!登録してみてください↓↓↓

この記事の執筆人

仮想通貨、NFTゲームで楽しむ情報発信中🌟初心者でもわかりやすく楽しみ方を伝授します❕7年前に始めた仮想通貨で資産倍に成功❕仮想通貨、NFTゲームの面白さを知りたい人、共有できる人募集!
普段はPTとして病院という社畜で奮闘中🌟

オガっぺをフォローする
仮想通貨仮想通貨
スポンサーリンク
オガっぺをフォローする
NFTゲーム大学

コメント

タイトルとURLをコピーしました