【ZOZO前澤さん出資】Openbloxとは!?簡単解説+将来性は!?超注目仮想通貨銘柄!

NFTゲーム
スポンサーリンク

ZOZOの前澤友作さんが、WEB3.0に出資すると発表され、その第1号が決まりました。それは、、、

Openblox(オープンブロックス)」です。

前澤さんが出資する額なんと100億円!なんとも桁違いですね。日本を代表する起業家の前澤さんが出資する仮想通貨銘柄ですから気になりますよね?その「Openblox」がどんな企業なのか、なぜ前澤さんが出資したのか、そして将来性はどうなのか、初心者にも簡単に解説していきます

この記事でわかる事!
  • Openbloxの概要
  • Openbloxの魅力
  • Openbloxの将来性
  • トークンの購入方法

 Openblox公式サイトはコチラ↓

https://openblox.io/
コインチェック
スポンサーリンク

Openbloxとは?

WELCOME TO OPENBLOX
https://www.youtube.com/c/OpenBlox

「Openblox」は「ブロックチェーン技術によるゲームプラットフォーム」です。主にPlay to Earn(遊んで稼ぐ)Move to Earn(動いて稼ぐ)を主軸に展開しています。2022.6時点でPlay to Earnとして3タイトルのゲームとMove to Earとして1タイトルのアプリが発表されています。

OpenbloxBloxVerseと呼ばれる独自の仮想空間の構築を目指しており、その世界で購入したNFTキャラクター(Blok)を使ってゲームをしたり、他のプレイヤーと取引したり、NFTマーケットプレイスに移動することができます。

Openbloxでできること
  • 独自のメタバース(仮想空間)で遊ぶ
  • ゲームで稼ぐ(Play to Earn)
  • 歩いて稼ぐ(Move to Earn)
  • NFTマーケットプレイスでの売買

 Play to Earnのゲーム

https://docs.openblox.io/games/

RogueBlox

プレイヤーがNFTを使用するために最初に立ち上げるゲームがRogueBloxです。RougeBloxは、いくつかのRPG機能を含むターンベースのデッキビルダーカードゲームです。プレーヤーに必要なのは1つのBloxNFTだけとなっており、プレイヤーは他のプレイヤーと戦い、戦略的にBloxを選んで、対戦相手との戦いに送ります。

ActionBlox

ActionBloxは、マルチプレイヤーオンラインロールプレイングゲーム(MORPG)です。チームを組んで魔法の世界を冒険し敵と戦うゲームとなっています。ゲームの詳細はまだ不明ですが、ゲーム+コミュニティに重点を置いているゲームのようです。

LandBlox

LandBloxは、成長、探索、征服できる農業スタイルのゲームです。こちらも詳細は不明ですが、土地のシミレーションゲームとなっているようです。おそらく、個人の仮想空間(メタバース)となってくるのでしょう。

Move to Earnのゲーム

RunBlox

https://docs.openblox.io/apps/runblox

RunBloxは、ウォーキング、ジョギング、ランニングをすることで報酬を獲得できるアプリゲームです。すでに爆発的な人気を得た「STEPN」と同様と考えていいでしょう。歩いて稼ぐこともできれば、NFTとなっているシューズを売買することも可能です。アプリはiOSとandroidでリリース予定で、アップルウォッチにも対応予定です。アプリは2022年にはリリース予定となっています。

独自のNFTマーケットプレイス

https://openblox.io/

ゲームもアプリも共に初めはNFTの購入が必要です。ゲームであればRogueBlox用のマーケットプレイスから。アプリであればRUNBLOX用のマーケットプレイスから購入できます。

スポンサーリンク

Openbloxの魅力

1つのNFTでメタバースを遊べる

https://docs.openblox.io/ecosystem/characters

最も魅力的なのは1つのNFTキャラクターで、他のゲームがプレイできる点です。ゲームごとにNFTを購入してプレイとなると初期投資が多額となってしまいます。その点、1つのNFTでゲームできれば、面白いゲームを選んで集中して稼ぐこともできれば、同時にプレイしてマルチに稼ぐことも可能かもしれません。また、ゲームジャンルもカードバトル、RPG、シミレーションと幅広く展開することで、ゲームプレイヤーの参入のしやすさとプレイヤー数の増加に繋がりやすいでしょう

現段階(2022.6)ではゲームの詳細な内容やプレイ動画がないため、クオリティは不明な点が多いのが事実です。

ZOZO前澤さんが出資

https://twitter.com/yousuck2020/status/1534021486193037312

ZOZO前澤さんが、WEB3.0へ出資するとして第1号に「Openblox」が選ばれました!ZOZOの前澤友作さんといえば、日本有数の大富豪で起業家であり、宇宙へ行ったり、お金をバラまいたりとやることが規格外です。その一挙手一投足が注目されいていますが、今回の出資も例外なく注目されています。前澤さんがなぜ、「Openblox」に出資したかは定かではありませんが、WEB3.0やメタバース、NFTに興味を持っていることは間違いありませんし、前澤さんが怪しいプロジェクトに出資するとは考えられません。すなわち、前澤さんが期待と安心して出資できるプロジェクトということは間違いないようです。

多数の出資とパートナー

https://openblox.io/

OpenBloxは前澤さんだけでなく、多数の出資を受けており、すでに460万ドルを調達しているとされています。資金はアプリ開発や事業開発、ゲームデザイン、追加スタッフなどとなり、開発のパートナーもテロップで流れるほど多数の協力が得られています。

スポンサーリンク

トークンについて

OpenBloxではプラットフォームとゲーム内の2種類のトークンがあります。

プラットフォームトークン:「$OBXはマルチゲーム全体で使用されます。

ゲーム内トークン:「$ RGL報酬は、最初のゲームRogueBlox中に発生します。$RUXはRunbloxのゲーム内トークンになります。

ゲーム内トークンの「$RGL」「$RUX」をゲームで獲得し、「$OBX」に換金して稼ぐというながれでしょう。

※現在(2022.6)、トークンはは購入することができません

OpenBloxの将来性

 話題の絶えないメタバース関連ですが、何よりも前澤さんが期待と安心して出資できるプロジェクトということは、将来大きな爆益を生む可能性が高いと言っても過言ではないでしょう。ちなみに、有名人でいうと仮想通貨に精通している水嶋ヒロさんも出資しているようです。参入のしやすさや、今はやりのMove to Earnを取り入れているところも抜かりないと言えるでしょう。2022年はWEB3.0、NFT、メタバースなど飛躍的に注目され急拡大していきます。ぜひ、今後の動きに注視しておいてください。

 

GameFi、NFTゲームを行う場合は必ず仮想通貨の購入が必要です。そしてまずは国内仮想通貨取引所での購入が必須となります。国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックの登録は下記のリンクから↓↓

コインチェック

 

海外仮想通貨取引所Bybitがお勧めです!

  • 日本語対応でわかりやすい!
  • アプリが使いやすい!
  • 通貨が豊富!

初めての海外仮想通貨取引所はBybitで間違いなしです!

登録してみてください↓↓↓

BINANCEについて

  • 口座開設がしやすい!
  • 手数料が安い!
  • 通貨が豊富!

最もメジャーな海外仮想通貨取引所です!安心して利用できますよ☆

登録してみてください↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました