【注目GameFi】ELF Masters(エルフマスターズ)とは?解説+PLT購入方法!

NFTゲーム
スポンサーリンク

2022年はGameFiが熱い年になっています。数多のGameFiがリリース予定の中で、今回はGameFi、仮想通貨系インフルエンサーがこぞって取り上げているタイトルを紹介します。

それは、ELF Masters(エルフマスターズ)です。

今回は、ELF Masters(エルフマスターズ)の簡単解説と注目されている魅力を紹介して、PLTトークンの受け取りや購入方法も解説していきます。PLTトークンは、GameFiのリリースが次々と予定されており有望のトークンとなっています。今から仕込んでおいても十分爆益が狙える可能性を秘めています。ぜひ最後までお付き合いください。

この記事でわかること
  • ELF Masters(エルフマスターズ)とは?
  • ELF Masters(エルフマスターズ)の魅力
  • PLTトークンとは?
  • PLTトークン購入方法

GameFi、NFTゲームを行う場合は必ず仮想通貨の購入が必要です。

そしてまずは国内仮想通貨取引所での購入が必須となります。

国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックの登録は下記のリンクから↓↓

コインチェック
スポンサーリンク

ELF Masters(エルフマスターズ)とは

ELF Masters 第一弾PV
https://youtu.be/olrWJRo6q4M
  • ジャンル:ファンタジーアドベンチャー
  • 対応トークン:PLTトークン
  • デバイス:iPhone、Android
  • リリース:2022.6月上旬
  • 会社:株式会社HashPort(HashGames)
  • 公式サイト:https://elfmasters.com/

概要

ELF Masters(エルフマスターズ)は精霊(エルフ)と美少女(マスター)の織りなすファンタジーアドベンチャー型ブロックチェーンゲームです。プレーヤーはエルフとマスターを所有し、探検やバトル、育成しながら魔法世界を冒険していきます。

Play to Earn(遊んで稼ぐ)要素を備えており、エルフやマスターや複数のアイテムがNFTとなって所有、売買することが可能です。また、スカラーシップ(NFT貸し借り)も実装されています。

探索

https://elfmasters.com/pdf/WhitePaper.pdf

ダンジョン探索、ワールド探索の2つがあります。ダンジョン探索ではモンスターとのバトルや探索を通じてトークンやアイテムの獲得が可能です。また、ソウルと呼ばれる体力を消費していき、時間でソウルが回復するシステムとなっています。

ワールド探索では、無数のエリアから構成され自由に移動、探索ができるようになっています。ここでは、エルフやマスターの見た目を変更できる装備アイテムが入手できます。

バトル

https://elfmasters.com/pdf/WhitePaper.pdf

バトルはモンスターバトル(PvE)とプレイヤーバトル(PvP)があり、ターン制で相性やスキルカードなどを駆使してバトルします。大会も実装予定であり、賞品としてNFTやトークンが用意されるでしょう。

NFTについて

マスターNFT

https://elfmasters.com/pdf/WhitePaper.pdf

 エルフを扱う主人でプレイには3体必要となります。職業が6つ(タンク、ソーサラー、アサシン、ナイト、メイジ、アーチャー)あり、属性も6つ(水、炎、雷、木、光、闇)あります。マスターのパーツは5つ(アクセサリー、武器、体、髪型、顔)があり自由に組み合わせが可能です。また、各属性に24枚のスキルカードが存在し、組み合わせは幾通りにもなるようです。

エルフNFT

https://elfmasters.com/pdf/WhitePaper.pdf

 主人であるマスターのサポートでプレイには3体必要となります。進化する要素がありレアリティによっては3形態まで進化します。マスターとの相性で潜在能力も用意されているようです。

スカラーシップ機能

https://elfmasters.com/pdf/WhitePaper.pdf

 スカラーシップ機能とは、NFTの貸し借りができる機能です。貸し出す側を「マネージャー」と呼び、借りる側を「スカラー」と呼びます。マネージャーは、スカラーから一部のトークンを獲得できます。スカラーは安価で強力なNFTを使用でき、ゲームを優位に進めることができます。

NFTマーケットプレイス

ELF Masters(エルフマスターズ)は「PLT Place」というNFTマーケットプレイスを用意しており、マスターNFT、エルフNFT、アイテムNFTの購入が可能です。1stセールでは、マスターとエルフが3体ずつ入ったスターターパックのみ購入可能です。また「PLT Place」オープン記念で誰でも10PLTトークンがもらえるキャンペーンも実施中です(~2022.4.30)運が良ければ30万円相当も貰えるチャンスもありますよ!詳細はコチラ→https://t.co/BOwlHpyuBt

コロニー(メタバース)システム

https://elfmasters.com/pdf/WhitePaper.pdf

コロニーはマスターとエルフの生活スペースです。コロニーでは建設や植物育成などのカスタマイズすることが可能で、ダンジョン探索への追加効果を獲得できます。また、コロニー同士の交流が可能で、ユーザー同士の商売やイベントも開催可能としており、メタバース経済圏を目指しています。

 

スポンサーリンク

ELF Masters(エルフマスターズ)魅力は

ゲームのクオリティ

ホワイトペーパーやプロモーションビデオをみると、ゲーム内容はほぼ完成されていることがわかります。ゲームのクオリティはスマホゲームとしては、普通かもしれませんが、ブロックチェーンゲームのスマホゲームとしてはしっかりと作り上げられています。スマホでできるブロックチェーンゲームはどれも面白さに欠ける点や英語でわかりづらいといった点が目立ちました。その点、ELF Masters(エルフマスターズ)は、既存のスマホゲームと遜色ない面白さが期待できます

無料から始めれる

プレイするにはエルフ3体、マスター3体の計6体必要ですが、無料でもプレイできます。無料ではPlay to Earnはできませんが、面白いと感じたらNFTを購入してPlay to Earnに移行するのもありでしょう。ブロックチェーンゲームに触れたことない人にも優しい設計となっており、プレイヤー数が増えることが期待できます。プレイヤー数が増え、NFT価値が上がればPLTトークンの利益にも繋がります

HashPortが強い

https://hashport.io/

HashPortは「ELF Masters(エルフマスターズ)」だけでなく、「De:LitheΦ(ディライズファイ)」や「CryptoNinja Party(クリプトニンジャパーティー)」のゲームタイトルも2022年にリリース予定です。ほかのタイトルも注目度が高く、PLTトークンの高騰に期待できます。また、ロードマップでは2023年にゲーム間連携もされるとのことで、GameFiプラットフォームとしても有望視されています。

また、パートナーも国内中心に有名揃いで、コインチェック、ビットフライヤー、SBIなど仮想通貨企業だけでなく、慶応義塾大学がリサーチパートナーとしてタッグを組んでいる点も面白いところです。

PLTトークンの将来性が高い

PLTトークンは、マンガやアニメ、ゲームに音楽に特化したブロックチェーントークンです。Made in Japanということもあり国内でも注目されいてるトークンです。特に、コインチェックでIEOされ国内仮想通貨取引所で購入可能なのが便利な点です。国内取引所で使えるというハードルの低さ、国内発のトークンという安全性、日本文化に特化したトークンという親しみやすさ、そしてガス代が無料という嬉しさもあり、期待値、将来性はかなり高いと予想しています。まだ、ゲームリリースがされれていませんが、リリース前の今が仕込み時期です!リリース後に価値が暴騰する可能性も十分にあるので要チェックです!

スポンサーリンク

PLTトークンについて

トークンの用途
  • マスターNFTの売買 
  • エルフNFTの売買
  • アイテムNFTの売買
  • コロニーのステーキング手数料
  • ゲーム内ガバナンスへの投票権

PLTトークンは既に国内仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)で購入できます!

PLT購入方法
  • コインチェックの口座開設(下記から登録)
  • コインチェックへ現金入金
  • 現金でPLTトークン購入(パソコンからのみ)

ELF Masters(エルフマスターズ)を行うなら仮想通貨を準備しよう! 国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックの登録は下記のリンクから↓↓

コインチェック

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました