MetaKeeper(メタキーパー)とは?簡単解説+魅力解説!放置で稼ぐNFTゲーム!

NFTゲーム
スポンサーリンク

NFTゲームのプレイヤー数が増加の一途をたどる2022年。その中でも放置系NFTゲームとして注目を集めています。それは・・・

MetaKeeper(メタキーパー)です。

「MetaKeeper(メタキーパー)」は、5月5日にゲームがリリースされたばかりですが、放置して稼げるとNFTゲーム界で話題となっています。

今回は、「MetaKeeper(メタキーパー)」がなぜ注目されており、人気がでているのか。本当に稼げるのか?遊び方は?初心者の人向けにわかりやすく解説していきます。初めての方でもわかるように解説していますので、最後までお付き合いください。

この記事でわかる事
  • MetaKeeper(メタキーパー)とはどんなゲームなのか?
  • MetaKeeper(メタキーパー)の魅力
  • MetaKeeper(メタキーパー)の将来性
  • $MKPトークンとは?

GameFi、NFTゲームで稼ぐには仮想通貨が必要です。国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックの登録は下記のリンクから↓↓

コインチェック

公式サイトはコチラ↓↓↓↓

Home - Meta Keeper
Meta keeper is an adventure game based on BSC blockchain technology. Players organized keepers to challenge different enemies on the map as an effort you will f...
スポンサーリンク

MetaKeeper(メタキーパー)とはどんなゲームなのか?

https://metakeeper.io/

 「Metakeeper(メタキーパー)」は、NFTキャラクターを放置バトルして稼ぐ「放置系NFTバトルゲーム」です。キャラクターはキーパーとよばれるドットで作られておりNFTとなっています。キーパーを所持し、キーパーがオートバトルするので放置して稼げるというシステムです。ドット調はどこかなつかしく、ボンバーマンを連想させるプレイ画面となっています。

ゲームの概要
  • キーパーNFTを購入
  • フィールドでキーパーをバトル(オート)
  • 敵を倒す
  • RMKPトークンを獲得(RMKPは$MKPトークンに交換可能)

キーパー

https://keeper-meta.gitbook.io/meta-keeper-white-paper/gameplay/keeper/character

キーパーは6種類あり、ゲームプレイには少なくとも1つは購入が必要です。実際にプレイして稼ぐとなると5体保有がベターとなります。ちなみに、最大15体までフィールドに出撃することが可能です。

https://keeper-meta.gitbook.io/meta-keeper-white-paper/gameplay/keeper/stats

キーパーにはレベルレアリティ6つのパラメーターがあります。レア度は、コモン、レア、エピック、レジェンド、マイスの5段階で、レア度が高ければ強く、希少価値がつきます。

マップ

https://keeper-meta.gitbook.io/meta-keeper-white-paper/gameplay/exploration-mission/map

マップは6種類(草原、ダンジョン、鉱山、砂漠、雪原、火山)があり、それぞれキーパーとの相性がありパーラメーターが増減するシステムとなっています。

Tavern(居酒屋)

https://keeper-meta.gitbook.io/meta-keeper-white-paper/gameplay/tavern-limited-release

キーパーはHPがゼロになると活動できません。そこで「Tavern(居酒屋)」で体力を回復する必要があります。

https://keeper-meta.gitbook.io/meta-keeper-white-paper/gameplay/tavern-limited-release/rarity

Tavern(居酒屋)にもレアリティがあり、回復の早さ、回復できるキーパー数が異なってきます。これもNFTとなっており、供給数が決まっています。

パートナー

https://keeper-meta.gitbook.io/meta-keeper-white-paper/gameplay/partner-limited-release/ability

メタキーパーには「パートナー」と呼ばれるNFTがあり、ダンジョンへ一緒に参加することでボーナスがもらえます。パートナーは5種類あり、レアリティが5段階用意されています。パートナーを追加すれば効率よくトークンが稼げるシステムとなっています。

敵(モンスター)

https://keeper-meta.gitbook.io/meta-keeper-white-paper/gameplay/exploration-mission/explore-events

トークンを稼ぎ方はいたってシンプルで、敵を倒せばRMKPトークンをゲットできます。敵は4種類(ソルジャー、キャプテン、将軍、デーモン)あり、段階的に強くなっていき、その分報酬も高くなります。

  • ソルジャー(12体)2.5トークン
  • キャプテン(5体):4トークン
  • 将軍(5体):4トークン
  • デーモン(2体):15トークン
スポンサーリンク

MetaKeeper(メタキーパー)の魅力

放置系ゲームのパイオニア

放置系のブロックチェーンゲームはあまりなく、MetaKeeperが先駆者といっていいでしょう。放置系ゲームはスマホでも人気のあるジャンルです。パソコン1台あれば、放置放置しておくだけなので、ゲームに詳しくない人でも参入できます。初期投資こそ必要となりますが、大体1ヶ月ほどで原資は回収できるようです。

安心のパートナー

https://metakeeper.io/

パートナーには仮想通貨界、NFTゲーム界で有名どころばかりです。トークンは世界最大手のバイナンススマートチェーンを使用。DEXでも最も有名なパンケーキスワップ。Unityはゲーム開発エンジンとしては、超有名メーカーです。パートナーをみれば安心してゲームができることが分かります。

ゲームがプレイ可能

5月5日にゲームプレイが可能となっています。多くのNFTゲームはまだゲームがリリースされていないものが多いなか、ゲームプレイできるのは嬉しいし、すでに人気が出て、2週間で原資回収できたプレーヤーも出てきています。ゲームリリースされていれば評判や稼げるかどうか、攻略方法などすぐに情報として入ってくるので参入がしやすいことは確かでしょう。

また、ゲーム内容もシンプルであれば稼ぎ方もシンプルです。敵を倒す→RMKPトークン獲得→MKP換金。ただそれを繰り返すだけです。NFTゲームをしたことない方には、非常に明快で参入しやすいと思います!

スポンサーリンク

MKPトークンについて

「MetaKeeper(メタキーパー)」のトークンは「$MKP」となります。

MKPの用途
  • キーパーの購入
  • Tavern(居酒屋)の購入
  • パートナーの購入

MKP購入方法

$MKPトークンパンケーキスワップなどで購入が可能です。

MKPの購入方法
  1. 国内仮想通貨取引所(コインチェックなど)でイーサリアムなどを購入
  2. バイナンスのウォレットに仮想通貨を送金し、イーサリアムなどで$BNBへ換金
  3. $BNBをメタマスクへ送金
  4. PancakeSwapでメタマスクと接続し、$BNBを$MKPに変換(スワップ)

国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックの登録は下記のリンクから↓↓

コインチェック

仮想通貨取引所を用意

仮想通貨を持っていなくてもゲームは可能です。しかし、ゲーム+トークンを稼ぎたいと思う場合は、仮想通貨取引所が必要となるでしょう。トークンは仮想通貨取引所を通じて現金に換金されます。まずは、国内仮想通貨取引所の開設、その次に海外仮想通貨取引所の開設を済ませていきましょう。

GameFi、NFTゲームを行う場合は必ず仮想通貨の購入が必要です。

そしてまずは国内仮想通貨取引所での購入が必須となります。

国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックの登録は下記のリンクから↓↓

コインチェック

BINANCEについて

  • 口座開設がしやすい!
  • 手数料が安い!
  • 通貨が豊富!

最もメジャーな海外仮想通貨取引所です!安心して利用できますよ☆

登録してみてください↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました