【簡単解説】DappRadarとは?注目NFT銘柄を簡単に探せる超便利サイト!使い方解説!

NFTゲーム
スポンサーリンク

仮想通貨は流れが速く、次々に新しい企画、トークンが発表されます。数多くある仮想通貨、正直何が流行ってて、何が注目されているかよくわかりませんよね?

正直、私も全くついていけません(汗)

それでも注目されるトークン、爆益が出そうなトークン、面白そうなトークンが知りたい!誰しも思う願望です。

そんな願望を叶えてくれるのが「DappRadar(ダップレーダー)」なのです。

簡単に言うと仮想通貨銘柄をランキング化してくれるサイトです。

DappRadarの特徴
  • ランキングが簡単にわかる
  • 9000点以上のDappsがみれる
  • チェーン別に調べることができる
  • ジャンル別にソートができる
  • 日本語にも対応している

 

主要なDappsはほぼ網羅しています。チェーン別に調べることで自分の手持ちチェーンでできるゲームを探せたり、好きなジャンルで探せたりすることで、サイト自体もシンプルで非常に見やすく使いやすく設計されています。日本語対応していますが、若干意図しない翻訳がでてきます。

DappRadar - The World’s Dapp Store | Blockchain Dapps Ranked
Explore NFTs, NFT Marketplaces, Blockchain Games, De-Fi, Dapps On The Blockchain And More On The World’s Dapp Store.

スポンサーリンク

使い方

日本語設定

まずは日本語設定にしましょう。

人マークから開くと、日本語設定ができます。また表示通貨の設定も可能です。

アカウント登録すればウォレットのポートフォリオの確認や、無料エアドロップのイベントへの参加もあるようです。

 

メニューバー

①メニュー:ここからDappRadarでできるメニューが一覧でみれます。

②総合ランキング:基本のランキングですべて確認できます。正直、このタブだけでOKです

③DeFiランキング:DeFi銘柄ランキングがみれます。

④NFTランキング:NFT銘柄ランキングがみれます。

 

ランキングのみかた

総合ランキングを開くと下記のような画面になります。

①チェーン別:チェーン別にランキングを閲覧できます。手持のチェーンで調べることができるので、非常に便利です。

②カテゴリー別:ゲーム、DeFi、ギャンブルなど9種類のジャンルから選択できます。

③期間:ランキング期間の設定です。24時間、1週間、1ヶ月と設定できます。

④ソート残高(コントラクトにある資産合計)ユーザー数取引金額量の3つからソートできます。

 

ランキングの見方はこれだけです。とっても簡単でしょ?

 

詳細を調べる

ランキングの項目をクリックすると下記のような画面に移ります。

ここでは、Dappsの詳細を確認できます。

公式サイトへ飛んだり、チェーンを確認できたり、アクティビティで推移もみることができます。

 

スポンサーリンク

上手な使い方

ランキング上位に集中する

 様々なDappsがあると目移りしてしまいます。ランキング上位の狙い撃ちが初心者には手っ取り早いでしょう。

チェーンを絞る

 チェーンも様々もっていると整理が追い付かなくなります。手持ちのチェーンに絞ってランキングをみると効率的に攻めることができるでしょう。

推移をみる

 詳細を確認するとユーザー数の推移を確認することができます。ユーザー数の増加はトークンの上昇にもつながるため、推移をチェックしておくことも重要です。

 

スポンサーリンク

終わりに

いかがでしたでしょうか?非常に簡単にランキングをみることが可能ですよね?また使いやすさと種類の豊富さも言うことなしだと思います。

ぜひ、今後のブロックチェーンゲーム、NFTゲーム、GameFiに活用してみてください。

GameFi、NFTゲームを行う場合は必ず仮想通貨の購入が必要です。

そしてまずは国内仮想通貨取引所での購入が必須となります。

国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックの登録は下記のリンクから↓↓

コインチェック

海外仮想通貨取引所はBybitがお勧めです!

  • 日本語対応でわかりやすい!
  • アプリが使いやすい!
  • 通貨が豊富!

初めての海外仮想通貨取引所はBybitで間違いなしです!

登録してみてください↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました