【仮想通貨】SoccerCity(サッカーシティ)とは?簡単解説+$SOCCRの将来性!

NFTゲーム
スポンサーリンク

サッカーは世界でトップクラスのファンの多いスポーツであることは間違いありません。観客は合計で約30億人ともいわれ、愛好家も多く、ゲームプレーヤーも世界で多くいます。そんな世界で最も熱狂的なスポーツのサッカーがNFTゲームとなって登場します!その名も・・・

Soccer City(サッカーシティ)」です。 

サッカーシティは、メタバースサッカーワールドでサッカークラブやスタジアムを所有したり、サッカーをしたり、選手を育成したりしながらお金を稼ぐことができるゲームです。今回、「Soccer City」を簡単解説とトークンである「$SOCCR」の将来性を解説していきます。

この記事でわかる事!
  • Soccer Cityの概要
  • Soccer Cityの魅力
  • $SOCCRとは?
  • Soccer Cityの将来性

 Soccer Cityの公式サイトはコチラ↓

Soccer City » Metaverse Game Platform
Join the Metaverse, start a new adventure! Soccer City is a blockchain-based play2earn game platform. Create your future businesses today!
コインチェック
スポンサーリンク

Soccer Cityとは?

Soccer City – Metaverse Gaming Platform
https://www.youtube.com/watch?v=Mfz9xzb9_Pg

「Soccer City」は、5年のサッカーゲームの経験を持つElevenKingsというスイスの会社が立ち上げたプロジェクトです。メタバース(仮想空間)でサッカーゲームをもたらすことを目指しており、サッカーファンとゲームファンがメタバースでのゲーム能力と創造性を収益化することを可能としています。Soccer Cityでは、土地購入、クラブ作成、トーナメントに参加、賞金獲得、選手育成、NFT(選手、シューズ、ユニフォームなど)の売買などが可能となるようです。

Soccer Cityでできる5つのこと
  • 土地の購入
  • クラブチームの作成
  • 選手の育成
  • 大会への参加・観戦
  • NFT売買、貸出
https://soccercity.io/

メタサッカーリーグ・カップ

メタサッカーリーグでは最大5つのリーグがあります。各リーグは20チームで構成されておりシーズン毎の入れ替えがあるのは実際のサッカー同様のシステムです。リーグシーズンごとに38ラウンドがあります。各リーグの上位3チームがリーグ昇格、下位3チームはリーグ降格となります。 毎シーズン3ヶ月続きます。月曜日から金曜日は試合日、土曜日から日曜日は休憩と選手の移籍日です。

また、メタサッカーカップでは、すべての部門が抽選で代表されるトーナメント形式の大会となります。

メタチャンピオンズリーグ・ワールドカップ

メタチャンピオンズリーグは、ローカルリーグシステムのチャンピオンの間で開催される国際トーナメントです。 ローカルリーグトーナメントが終了した後に開催されます。メタワールドカップはサッカーシティで最も権威のあるトーナメントになります。年に1回開催され、参加者はリーグチャンピオンになります。

選手

https://www.instagram.com/metasoccercity/

非NFT選手とNFT選手の2種類あります。

非NFT選手は、アカデミー後、サッカー選手を作成、育成し、トーナメントに参加することができます。選手にはアクティビティとパフォーマンスがあり、それぞれ100のスコアが割り当てられており選手を開発することができます。 7シーズンすると選手は引退となり削除されます。 

NFT選手はアクティビティとパフォーマンススコアが安定しているため、通常のプレイヤーとは異なります。また、NFT選手にはシーズン制限はありません。つまり、NFT選手を所有している場合は、チーム内でいつでもそのプレーヤーを使用できます。これは、プレーヤーのパフォーマンスを維持するために時間とお金を費やさないようにするためのユーザーにとって大きなメリットです

NFT

https://www.instagram.com/metasoccercity/
NFT一覧
  • 土地
  • スタジアム
  • 選手
  • パフォーマンス、アクティビティ
  • グッズ(シューズ、ユニフォームなど)

NFTには上記のようなものが用意されています。この中でも、スタジアムが数に限りがあり最も価値のあるNFTとして取り扱われます。イベントを主催したい場合はスタジアムを借りることもできます。スタジアムの所有者は、サッカークラブやイベントを作成することもできます。

パフォーマンスとアクティビティは、選手育成に使用されるNFTとなります。

また詳細は不明ですが、シューズやユニフォームも用意されているようで、有名選手やブランドとのコラボグッズも期待されます。

スポンサーリンク

Soccer Cityの魅力

超有名サッカー選手やチームと提携

https://soccercity.io/

プロジェクトチームであるElevenKingsは、スイスを拠点とするオンラインサッカーマネージャーゲームなのですが、なんと伝説のサッカー選手であるロナウジーニョを、ゲームのメインアンバサダーとしています。ロナウジーニョといえばサッカー界でも伝説的なスーパープレイヤーで、サッカーに詳しくない人でも名前は聞いたことがあると思います。

また、シェフィールドユナイテッドというイギリスのプレミアリーグのサッカーチームとも提携しており、本気度具合が伺えます

もちろん、サッカー界だけでなく、メタバースや仮想通貨、ゲームにも詳しいメンバーやチームで構成されています。

圧倒的な観客と競技人口

サッカーは何といっても、市場規模が桁違いと言うことです。世界のサッカーリーグに目をむけてみると、2018年度の合計収益は106億ドル(約1.1兆円)でした。これは年々増加傾向であり、まだまだ成長していくことが予想されています。好調な理由は、欧州の盛り上がりが強いこと、熱狂的なファンが世界に多くいること、競技人口が多いこと、メディア戦略に成功していることなどが挙げられます。

2022年には、伝説的プレーヤーのマラドーナが神の手ゴールした際のユニフォームが11億円で落札されました。ユニフォームやシューズは有名プレーヤーであれば高値がつくことは当然であり、これはNFTにおいても同様の現象が期待できます。すでに、ロナウジーニョや有名チームと提携していることもあり、コラボはかなり可能性が高いことが予想され、そうなれば高価値NFTの誕生は間違いないでしょう。

VRに対応

https://www.instagram.com/metasoccercity/

VR(バーチャルリアリティ)にも対応することが発表されています。ユーザーはファンカプセルという座席が用意されており、VRを装着すれば目の前でみているような臨場感のあるプレーが観戦できます。また、監督としてピッチに参加することもできます。それは、現実のサッカー観戦では決して体験できないような世界となるでしょう。

スポンサーリンク

$SOCCRトークンについて

Soccer City(サッカーシティ)ではSOCCRがトークンとして使用されます。バイナンススマートチェーンのネットワークです。まだ、詳細な用途は不明ですが、NFT購入やチケット売買、賞金等に利用されることが予想されます。

現在、「$SOCCR」は購入することができません

Soccer Cityの将来性

 話題の絶えないメタバース関連ですが、Soccer Cityを取り上げている日本のメディアはほとんどなく、今回公式サイトとホワイトペーパーを中心に調べました。まだまだ国内の注目度は低いのが現状です。しかし、超有名選手や一流チームと提携していることから、詐欺ではないことは確かであり、今後の流れではかなり期待できる仮想通貨であることは間違いありません。サッカーという大きな市場でおあることから当たれば爆益となる可能性を秘めています。今から、要チェックしておきましょう!2022年はメタバースが確実に急拡大していきます。ぜひ、今後の動きに注視しておいてください。

 

GameFi、NFTゲームを行う場合は必ず仮想通貨の購入が必要です。そしてまずは国内仮想通貨取引所での購入が必須となります。国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックの登録は下記のリンクから↓↓

コインチェック

 

海外仮想通貨取引所Bybitがお勧めです!

  • 日本語対応でわかりやすい!
  • アプリが使いやすい!
  • 通貨が豊富!

初めての海外仮想通貨取引所はBybitで間違いなしです!

登録してみてください↓↓↓

BINANCEについて

  • 口座開設がしやすい!
  • 手数料が安い!
  • 通貨が豊富!

最もメジャーな海外仮想通貨取引所です!安心して利用できますよ☆

登録してみてください↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました