【話題ゲーム】SIX502とは?ハドソンによる本格BCGを解説!

NFTゲーム
スポンサーリンク

近年話題となっているNFTゲーム(GameFi)の中で「ハドソンがブロックチェーンゲーム(BCG)を作る!と話題になっているのをご存じでしょうか?そのプロジェクトの名は、、、

SIX502です。

ハドソンと言えば、「桃太郎電鉄」「ボンバーマン」など超人気タイトルを生み出した伝説的なゲーム会社です。ハドソンだけでなく、伝説的ゲーマーである「高橋名人」までもゲームプロジェクトチームに参加しているんです。

今回は、そんな期待値の高い SIX502 の概要、ゲームプロジェクト、始め方を初心者にも分かりやすく解説していきます。

この記事でわかる事!
  • SIX502 の概要
  • SIX502 の魅力
  • SIX502 の始め方

SIX502 公式サイトはコチラ↓

SIX502 | BCGに革命を起こすプロジェクト
SIX502は伝説のゲームソフト開発会社「ハドソン社」の経営陣が立ち上げた、BCGに革命を起こすプロジェクトです。SIX502は、レジェンドたちが制作したゲームをプレイできる遊技場であり、自身の持つSIX502トークンを賭けて世界中のユーザーと真剣勝負を行うことができます。

GameFi、NFTゲームを行う場合は必ず仮想通貨の購入が必要です。そしてまずは国内仮想通貨取引所での購入が必須となります。国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックの登録は下記のリンクから↓↓

コインチェック

SIX502 とは?

https://www.six502.com/

SIX502 は、「ハドソンの経営陣が手がけるブロックチェーンゲームプロジェクト」です。ハドソンは、ゲーム業界では伝説的な会社で、任天堂ともにファミリーコンピューター(通称ファミコン)を爆発的人気とした立役会社の1つであり、代表タイトルとして「桃太郎電鉄」「ボンバーマン」「高橋名人の冒険島」「ロードランナー」とどれも超ヒット作を生み出してきています。

SIX502 ではハドソン経営陣+高橋名人によるブロックチェーンゲームが開発されており、2023年に次々とタイトルがリリースされる予定となっており、第一弾として桃太郎電鉄のようなコンセプトでゲームが開発されています。

https://www.six502.com/

バトルロワイヤル

SIX502は、ゲームをプレイできる遊技場であり、 自身の持つSIX502トークンを賭けて世界中のユーザーと勝負を行うことができます。 この「バトルロイヤル」のコンセプトは、ユーザー同士の真剣勝負を通してSIX502トークンを勝ち取ることができるW2E(Win to Earn)プラットフォームとしています。

ジャックポット

SIX502では様々なタイトルをリリースされ、そのタイトル間を共通の「ジャックポット」が存在します。「ジャックポット」参加費の一部からプールされその資金から組成される宝くじプールです。 参加者はSIX502の様々なバトルロイヤルゲームに参加することで、共有されたジャックポットプールから高額のジャックボットボーナスを受け取る事が出来ます。

SIX502 の概要
  • ハドソン経営陣によるBCGプラットフォーム
  • 「バトルロワイヤル」と「ジャックポット」システム
  • Win to Earn のシステム

Dice or Dead

https://www.six502.com/

Dice or Dead はSIX502の第1弾ゲームとしてリリースされるサイコロボードゲームで、3人で戦うバトルロイヤルボードゲームとなっています。

プレイヤーは参加費を払い目的地を目指してサイコロを振ります。世界の各都市の物件を購入して収益を上げたり、さまざまなカードを活用するなどあらゆる手段を用いて勝者を競います。3年対戦モードの戦いで資産の多さで順位が決まり勝者に賞金が分配されます。

ゲームは3年制や、資産、カード、ドクロといった「桃太郎電鉄」を彷彿とさせる内容となっています。

SIX502 の魅力

伝説的ゲームの開発チーム

https://www.six502.com/

最大の魅力は何といっても、ハドソン経営陣+高橋名人というチーム構成です。

チーフプロデューサーである辻尚之氏は、ハドソンゲーム開発部門の創設に携わり「桃太郎電鉄」を作成しただけでなく、アメリカやヨーロッパにおいてもハドソンソフト社長を務められた経験のある人物です。ゲーム開発だけでなく、経営においてもトップレベルの人物であることは間違いありません。

プロデューサーである高橋利幸氏は、「第1回全国ファミコンキャラバン大会」のイベントにて「名人」の称号を確立した人物であり、当時はTV・ラジオで話題となり、自信がキャラクターとなる「高橋名人の冒険島」までできました。特技はボタンを1秒間に16回押す「16連打」が有名です。現在も、ゲーム業界で活躍されており、誰からも愛されている伝説的なゲーマーです。

知名度の高いゲーム

リリース第1弾となる「Dice or Dead」のゲームシステムは、まさに「桃太郎電鉄」そのものです。電車でなく車で移動しますが、カードの存在や各地での資産購入、ボンビー的存在の「ドクロ」など桃鉄要素がてんこ盛りです。既存の人気タイトルのバロディであれば、ゲーム性の理解がしやすく、BCG初心者にも参入しやすい点と、桃鉄ファンの流入も期待できます

Win to Earn のシステム

Win to Earn (W2E)は、勝者が稼げるという最もシンプルな稼ぎ方です。Win to Earn のデメリットはゲームが上手な人が荒稼ぎしてしまうケースです。しかし、「Dice or Dead」では、サイコロの出た目による運の要素が非常に大きく、誰でも楽しめて勝てる可能性があるシステムとしています。ギャンブル性もありますが、ゲーム展開に幅を持たせる要素を取り入れており、戦略的な楽しさもあります。

また、「ジャックポット」のような宝くじもあり、ラッキーだけで一攫千金を狙えるのも魅力的です。

トークンについて

https://www.six502.com/

SIX502 ではSIX502トークンが使用されます。トークンの用途や獲得方法は公開されていませんが、SIX502 内でのゲーム参加費、アイテム購入費などに使用され、ゲーム内の賞金として獲得できるのは間違いないでしょう。

トークン購入方法

トークンは2023.1月現在では上場していないため購入できません。トークンの上場と共に購入するために事前準備をしておきましょう。

トークン の購入準備
  1. コインチェックでビットコインを購入
  2. コインチェックからBybitにビットコイン送金
  3. ビットコインをUSDTに変換
  4. USDTをメタマスクに入れておく

まとめ

  • ハドソン経営陣が手がけるブロックチェーンゲーム
  • 桃太郎電鉄のようなゲームが第一弾
  • 伝説的会社が手がけるため期待値が高い
  • 誰でも稼げる可能性がある
  • 稼ぐためには、先行投資が必要

GameFi、NFTゲームを行う場合は必ず仮想通貨の購入が必要です。そしてまずは国内仮想通貨取引所での購入が必須となります。国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックの登録は下記のリンクから↓↓

コインチェック

簡単登録方法は下記の記事を参考にしてください↓

海外仮想通貨取引所Bybitがお勧めです!

  • 日本語対応でわかりやすい!
  • アプリが使いやすい!
  • 通貨が豊富!

初めての海外仮想通貨取引所はBybitで間違いなしです!

登録してみてください↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました