【完全版】NFTとは?始め方!活用法!将来までわかりやすく解説!アートやゲーム界を変える!

NFTゲーム
スポンサーリンク

「NFT」いう言葉がメディアでもよく聞くようになり、認知度と注目度は日本のみならず世界的に高まる一方で、NFT市場は急速な成長を遂げています

しかし、今更ながら「NFTって何だろう?」と思う人が大半と言うのも現実です。

そこで今回は、超初心者でもわかりやすく解説し、NFTの基礎や始め方、将来性までエクトリームに説明していきます!

この記事でわかる事!
  • NFTの基礎
  • NFTの活用法
  • NFTの将来性
  • NFTの始め方

NFTを始めたい!と思ったら、まずは必ず国内仮想通貨取引所の開設が必要です!国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックの登録は下記のリンクから↓↓

コインチェック
スポンサーリンク

NFTとは?

NFTとは「Non-Fungible-Token」の略であり、日本語では「非代替性トークン」といいます。すでに訳の分からない言葉が並びますが、NFTを簡単に表現するなら「デジタルでできた固有の価値」と言えます。今までは、デジタルのモノは簡単にコピーや改ざんすることができ、価値をつけることが難しい状況でした。しかし、ブロックチェーン技術により、コピーや改ざんできず、デジタルのモノにも固有の価値をつけることが可能となったのです。

NFTの特徴
  • デジタルに固有の価値を作り出す
  • 誰でも作ることが可能
  • 改ざんやコピー困難
  • 新たな資産価値

NFTの「非代替性トークン」と対になるのが「代替性トークン」です。「代替性トークン」でわかりやすいのは、仮想通貨の代名詞ともいえる「ビットコイン」です。「非代替性トークン」と「代替性トークン」の違いをわかりやすく下図で図解しています。

現実世界で例えるとわかりやすく、同じモノ(例えば車)でも価値はクオリティや状態などで変わってきます。また、受け取る人の価値観(必要度)によっても変わることもありますよね。逆に現金は1000円は誰にとっても1000円であり、同等の価値と言えます。それがデジタルの世界では「NFT(非代替性トークン)」「FT(代替性トークン)」と分けた言い方をするのです。

スポンサーリンク

NFTの活用法

では、NFTをどのように活用しているのか解説してきますが、実はデジタルな物であればなんでもNFTにできてしまいます。そのため、活用法は沢山ありますが代表的な活用法を紹介します。

①アート、音楽、グッズなど

最もメジャーなのはアート、音楽、グッズなどをNFT化して売買する方法です。アートとして有名となったのが「CryptoPunks(クリプトパンクス)」というデジタルアートで、ドットを組み合わせただけのシンプルなアートでしたが、創成期のNFTということもあり数十億円という価値がつきました。アートだけでなく、音楽やファッション、ゲームのアイテムまでもNFTとして販売されています。日本では芸人の芸がNFTとして販売され、数日で完売しています。2022年はNFTスニーカーを持って歩けば、仮想通貨が稼げるという「STEPN」が流行りました。有名なブランドやアーティストが次々とNFTに参入しており、仮想空間(メタバース)でライブやファッションショー、グッズの販売まで行われるほど盛り上がりと市場の拡大していることが分かります

②NFTの作成

NFTは誰でも簡単に作ることが可能なんです。スマホで撮った写真、タブレットで書いた絵、自分で作曲した曲など身近なものでも沢山デジタルアートがありますよね?それをNFTにするだけ!世界大手のNFTマーケットプレイスとして有名な「Opensea」では、世界の有名なアーティストから一般人まで多くのNFTを取り扱っています。自分で作ったアートは「Opensea」で簡単に販売することが可能です。日本では、小学生が夏休みの自由研究で作ったデジタルアートが数十万円の価値がついたことで有名となりました。

③チケット

コンサートやライブ、映画などチケットをNFTとして販売すること構想としてあります。チケットに特典(グッズや映像など)をつけることが可能ですし、プレミアムなライブであればチケット自体にプレミアム価値が付く可能性もあるでしょう。また、転売を防ぐことも可能なため今後の活用に期待されています。

④会員権・投票権

仮想空間(メタバース)でのイベントや会合では、会員権や投票権をNFTにすることもあります。チケット同様に独自の付加価値を付けることが可能な点や、詐欺防止の観点、公平性を保つために利用されます。

⑤コレクション

好きな趣味があれば純粋にコレクションとして集めるのも楽しみとなります。日本のサブカルチャーであるマンガやアニメも、多数のNFTグッズが販売されており、コレクターにとってはNFTの収集も大きなトレンドとして注目されています。NFTグッズをスマホに入れていればいつでも眺めることが可能だったり、コミュニティでのトレードも可能です。

⑥ゲーム

最も注目しているのはゲーム業界です。ブロックチェーン技術を利用したゲームであり、ブロックチェーンゲームやNFTゲーム、GameFiなど呼ばれます。ゲームとNFTは非常に相性が良く、ゲームのアイテムやキャラクター、土地などがNFTとして販売され、希少なNFTであれば高額で取引されています。これは、ポケモンカードや遊戯王カードのようにレアなカードであれば高額で取引されるのと同様であり、ゲームとNFTは非常に相性がいいのです。2021年は「アクシーインフィニティ」というNFTゲームが高騰し、フィリピンでは家を建てれるくらい稼いだ人もいるほどでした。

スポンサーリンク

NFTの始め方

さぁ、NFTを始めましょう!まずは準備が2つあります。「仮想通貨取引所の開設」「仮想通貨ウォレット準備」です。順に解説していきます。

①仮想通貨取引所の開設

NFTを始めたい!と思ったら、まずは必ず国内仮想通貨取引所の開設が必要です。国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックがオススメです。コインチェックはビットコインやイーサリアムといったメジャーな仮想通貨を取り扱っており、安全性の高い通貨のみ取り扱っています。以前は仮想通貨が抜かれる事件(コインチェック事件)もありましたが、その反省からセキュリティを強化して国内で最も安全性の高い取引所となっています。

また、コインチェックはNFT(β版)のマーケットプレイスもありNFTを購入することも可能です。有名なNFTゲームである「The Sandbox」の土地や仮想通貨を国内で唯一取り扱っているのも特徴です。まずは、下記のリンクから登録をしましょう↓↓

コインチェック

②仮想通貨ウォレットの準備

仮想通貨取引所で仮想通貨を購入したら、仮想通貨を入れるウォレット(財布)」が必要となります。ウォレットがあれば、コインチェックのマーケットだけでなく、世界中のNFTマーケットでNFTの購入が可能になります。

仮想通貨ウォレットは、MetaMaskを勧めます。世界的に有名な仮想通貨ウォレットであり、国内で仮想通貨やNFTを取り扱っている人は必ず持っていると言ってもいいほどの認知度と信頼性の高いウォレットです。下記のリンクから登録きましょう↓↓

The crypto wallet for Defi, Web3 Dapps and NFTs | MetaMask
A safe crypto wallet for digital tokens & NFTs. Join the blockchain and DeFi world.

③NFTの購入

仮想通貨取引所とウォレットがあればNFTを購入する準備は整いました。購入の流れとしては以下の通りです。

  1. 国内仮想通貨取引所で仮想通貨を購入(イーサリアムなど)
  2. 仮想通貨をウォレットに移す
  3. NFTマーケットプレイスでNFTを購入

注意点として、NFTを購入する際は仮想通貨で購入するのですが、仮想通貨といっても数千種類あります。そのためまずは、NFTを販売しているマーケットプレイスを観て欲しいNFTがどの仮想通貨で販売しているか確認しましょう。NFTはどこで売っているの?となると世界中様々なマーケットプレイスがありますが、代表的なマーケットプレイスを紹介します。

世界初かつ最大規模のマーケットプレイスは「OpenSea」です。アートやファッション、トレーディングカードやスポーツ、ドメインなど幅広いジャンルを数多く取り扱っています。価格も手ごろな物から、超高額なものまであり世界的アーティストの作品もみれるため、眺めるだけでも楽しいでしょう。

国内であれば、「コインチェックNFT(β版)」「SBINFT」「楽天NFT」が有名です。どこも国内大手であり、安全性と将来性の高いマーケットプレスでしょう。コインチェックを開設しているなら操作性と簡便性の良い「コインチェックNFT」から始めるのがベストでしょう。

④NFTの販売

NFTを作って売りたい!と思う人は「OpenSea」で販売してみましょう。やり方はとっても簡単です。まずは、「OpenSea」とウォレットを繋げたら、デジタルの作品を用意し、それをOpenSeaの「Create」で作品アップと詳細を設定するだけです。価格など自分で設定できますし、出品したコレクションも観ることもできます。

NFTの将来性

Coincheckより

NFT市場はここ数年で急成長しており、市場調査会社MarketsandMarkets(マーケッツアンドマーケッツ)社の市場調査レポートによれば、5年後には4倍の市場に膨れ上がると予想されています。これは、NFT市場だけによる成長ではなく、ブロックチェーン技術の応用性や拡充、VR,AR,XRなどメカニカル技術進歩、世界的ニーズに拡大など様々な要因から成長していると言えるでしょう。

NFTのみならず、仮想通貨や仮想空間(メタバース)、IoTの拡大は世界的に止めることができず、デジタルドルやデジタル人民元など国家も取り入れざる得ない状況となっています。ビットコインに関しては国の通貨として取り入れている国家もでてきています。それだけ成長は必至な分野であり、成長が確約されている世界なのです。

先行者利益の多い資本主義社会、まだまだ利益を獲得できる可能性の高いNFT!今からでも遅くありません!是非、楽しいNFTの世界に飛び込んでみましょう!

NFTを始めたい!と思ったら、まずは必ず国内仮想通貨取引所の開設が必要です!国内の暗号資産取引アプリダウンロード数3年連続No.1コインチェックの登録は下記のリンクから↓↓

コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました